これは楽! サッチ掻き機能付き 芝刈り機 リョービ LM2310

園芸DIY

我が家で10年以上使用していた芝刈り機が、ついに芝ちぎり機(涙)となったので、新しく芝刈り機を購入しました。その今回購入したリョービの芝刈り機 LM2310が凄いです。サッチ掻きが楽になって、超お勧めなのでご紹介いたします。

購入前のNationalの芝刈り機と比較

今迄使い続けてきたNationalの芝刈り機は、固定刃もリール刃も切れ味を失い(ほとんど手入れしていなかった私も悪いのですが)、芝を刈っても刈った部分が茶色くなるような状況で、そろそろ新しい芝刈り機を購入しなければと考えておりました。そこで今回検討に検討を重ねて購入したのが、リョービの芝刈り機 LM2310です。この芝刈り機は、刈り幅230mmと280mmの2種類の機種が販売されており、私が購入したのは230mmのほうです。今迄のNationalと同じ230mmの刈り幅ものにしました。芝刈り機の大きさ的にもほぼ同じです。収納場所のイナバ物置にしまう為には、今迄の芝刈り機と同じサイズが安心と言う事もあり、リョービのLM2310と言うモデルを選択しました。

オレンジの方が、今回購入したリョービのLM2310 緑は、NationalのEY2262

Nationalの庭園芝刈機 EY2262 はすでに生産を終了していますが、静かな動作音でした。また、今回購入したリョービのLM-2310も同じくらいに静かです。良かったです。

ところでNationalってのも、とても昭和な響きですね。今はPanasonicですが、2008年の10月からNationalのブランドやめたそうなので、それ以前に購入していた事になります。ろくな手入れもせず、長く使わせて頂きました。さて、実際に使用中の音をビデオに撮影したのでご覧ください。

実際に使用してみた時の音がこちら

始動時と停止時にキュイーンというモーターの音が少ししますが、基本的に静かな芝刈り機に感じます。前回のNationalのEY2262は、気がねなく使える低騒音化設計(約63dB)との事でしたが、こちらのLM2310もほぼ同じ程度の音なので低音設計かと思います。

この芝刈り機の凄いところ

さて、前置きが長くなりましたが、この芝刈り機を購入して凄いと思ったのは、サッチ掻きができてしまうところなんです。

この芝刈り機には別売で 芝刈機用サッチング刃セットが売られていて、この刃につけかえるとサッチ掻きができてしまうのです。

今まで、芝刈りの後に鉄の熊手でサッチ掻きをするのは一苦労でしたが、なんとこの芝刈り機を使うと、サッチがあれよあれよと言うまに、集草容器のなかに掻きだされていきます。

正直、衝撃的です。今までの苦労はなんやんったんや~~みたいな。気持ち良いほどサッチがとれました。こちらがそのサッチング刃と実際に使用している動画です。あっという間に茶色のサッチが溜まります。

他にも、根切刃セットもあり、根切りができるそうです。こちらはこれから購入検討する予定です。今は足で踏みつけるタイプのものを使用してますが、たまにしか使ってません。^^;

悪い点?

この芝刈り機では、サッチ掻きをするにはリール刃からサッチング刃に替えなければなりません。これが、少々面倒くさいです。こんな感じす。

  1. 固定刃を止めているボルト2本を付属の六角レンチで外して、固定刃を取り外す
  2. リール刃を止めているボルト4本を付属の六角レンチで外す。
  3. プーリーのベルトカバーを付属の六角レンチで外してベルトを外す
  4. リール刃を取り外す
  5. サッチング刃をボルト4本を六角レンチで締め付けて取り付ける
  6. プーリーにベルトを掛ける
  7. プーリーのベルトカバーを付属の六角レンチで取り付ける

で、漸く使用できます。面倒くさいです。私の場合、約5〜10分程度の作業になります。こう書くと、結構面倒だなぁと思われると思います。唯一悪い点と言えるでしょうか?

でも、この後のサッチ掻きの楽さを考えると、この程度の作業は全然問題ではありませんし、他にも非常に良いなぁ~と感じた事があります。

良い点

私にとって良いと感じた点は、悪い点?で書いたこの面倒くさい作業です。「お前何言ってんねん?矛盾してるやん!」っと突っ込まれそうです。確かに矛盾してますよね。でも私が実感した良い点は、サッチ掻き後の刃の交換作業です。つまり、芝刈りをすると普通はその後にサッチ掻きをしますね。すると、上で書いたように面倒くさいですが刃を交換します。そして、サッチ掻きが終わった後は次回芝刈りが出来るように、またリール刃に戻します。

この時、上記の悪い点で書いた作業の逆をするのですが、使用したばかりの芝刈り機を、分解するみたいな事をする点です。普段芝刈りだけしていたら、ここまで刃の状態をみたり、ベルト周りの汚れを目にする事はありませんが、この刃の付け替え作業のおかげで、毎回芝刈り機を丁寧にメンテナンスする気になります。少なくとも私の場合は、刃の付け替え時に芝や土で汚れてしまった固定刃や、サッチ刃、リール刃を雑巾で綺麗にふきました。刃を芝刈り機本体から外すから、綺麗に手入れができます。また、サッチ掻きをすると土埃も凄く付着するので、エアダストブロアーまで持ち出してきて綺麗にメンテしました。^^;

これは、今迄にはない良い点で、少々時間がかかりますが、毎回綺麗にお手入れをしてから芝刈り機を仕舞う事になるので、結構いい状態で長持ちしそうです。綺麗な状態でいつも使うので、終わったあとも綺麗にしたくなります。以前のNationalの芝刈り機は土埃だらけで、刃も錆てるような状態でした。汚れたときはホースで水掛けたりして洗ってましたから、可哀そうな(笑)事をしたものです。でも、今回は毎回簡単なオーバーホールみたいな作業です。これは今までと全く違うレベルのメンテができます。サッチ掻きに時間がかからなくなった分、この作業を楽しんでおります。

取り扱い説明書を読んで正しく付けないとベルトが掛からなかったりします。
固定刃
リール刃 掃除しやすいですね。

まとめ

いかがでしょうか? 私はこの芝刈り機のサッチング機能には、正直驚きました。しかも、刃の付け替え作業は結構面倒くさいのですが、掃除がしやすくて毎回メンテナンスが出来てしまうのが、私にとってはとても良い事に感じました。サッチ掻きに苦労されていたら、このリョービの芝刈りLM2310は超お勧めです。ちなみに私は刈幅230mmのLM2310にしましたが、広いお庭であれば280mmの刈幅がお勧めです。その場合、替え刃のお値段は230mmより280mmは少し高くなるようです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

投稿者プロフィール

diy-hs
diy-hs
”なんでも自分でやってみる” をテーマに、ブログを書いてます。素人には無理と思う様な事も、実際にやってみるとあっさりと出来たりする事もあります。失敗もありますが、失敗する事で経験となり、次は少し上達したりします。それが楽しいです。そんなDIYの情報を発信して行けたらと思ってます。仕事はAIやクラウド関連を担当してます。そんな訳でプログラミングやシステム構築も趣味と実益を兼ねてDIYを楽しんでます。ギターはもともとクラシックギターを学び、インストルメンタル専門でしたが、高校生の頃にテレビでみた卒業の映画でPaul Simonの曲に憧れて、それ以降いろんなジャンルの弾き語りも楽しんでます。S&Gの曲なら楽譜なしで弾けます。^^; Twitterの方でも発信していますので、ぜひフォロー下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました