Thunderbirdに未読トレイを作成して追加する方法 | DIY

パソコン関連DIY

私はメールの受信をThunderbird(サンダーバード)でGmailなど色々なアカウントに届くメールをこのFreeソフトのメーラー(Thunderbird)ひとつで扱っています。

Gmailのアカウントが2つ、インターネットプロバイダー提供のアカウント2つ、その他以前から使用していたHotmailメール等などです。メールの自動振り分けなどはGmail側でも行えて、Thunderbird側でもフォルダーとして反映されてます。

Gmailは特にスパム対策が非常に優秀なので、大変良いFreeメールに感じてます。ただ、複数のアカウントに大量に流れ込むメールが振り分けられて、受信トレイにも振分先フォルダーにもフラグが立ってあちらこちらに重複して未読メールがあると言う状態で私個人的には読みづらく不便でした。

そこで、既読と未読のトレイを分けて、未読トレイだけに集中すると新着メールの確認が大変楽になりました。今回は、最初からある受信トレイに加えて、Thunderbirdで未読トレイを作成する方法をご紹介します。

Thunderbirdへ未読トレイの追加の仕方

未読トレイを作成して使えるようにするには検索フォルダーを追加します。未読トレイと言うトレイはThunderbirdには存在しないので、検索フォルダーを作成して実現します。当初私は受信トレイがあるので、未読トレイもどっかに用意されているんだろうと考えてましたが間違ってました。以下の手順(ステップ)で自分で作成します。

  1. ファイル → 新規作成 → 検索フォルダー
  2. 検索フォルダー名(私の場合は未読メールなので、未読トレイ) の設定
  3. 検索条件の設定 ( 状態 | が次と異なる | 既読 ) つまり未読ですね。
  4. 検索対象のアカウントとそのフォルダーを選択して作成。

上記の4のステップで、複数アカウントの受信トレイをすべて選んだりすると、メールすべてを未読|既読として、一か所でチェックできる様になります。私の場合は、未読トレイは、アカウント毎にしましたので、上記の操作をアカウント毎に繰り返して未読トレイを作成しております。

実際の画面キャプチャー

まず、上記1の検索フォルダーを作成する部分がこちらのメニューです。

ファイル→新規作成→検索フォルダーで作成します。

次に、検索条件を設定します

検索の条件ですが、私の場合は 状態 → が次と異なる → 既読 としました。もしかしたら、状態 → 次と一致する → 新着 でも良いかもですが、新着の定義が今一つ理解不足なので既読でない状態を選びました。

検索条件を設定した状態

さらに、この条件を適応するフォルダーを選択します。

基本、未読トレイを設置したいアカウントの受信トレイを選択しておけば良いです。

他のアカウントも含めたいならここで他のアカウントの受信トレイを選択しておけば良いと思います。

検索対象のフォルダーを選択する

これでOKを押下して、作成ボタンを押せば無事に未読トレイが作成されます。

ただ、この未読トレイが作成される場所は、アカウントの一番下に作成されるかもですので、トップに持ってきた方が見やすいです。

それには便利なツールがあるのでそちらを使うと簡単に並び替えられます。以前、私のブログでも紹介しましたので、以下のリンクを参照下さい。Manually sort foldersと言うアドオンを使います。

後半にフォルダーの並べ替えについて記載してます

以下の様に、Manually sort foldersと言うアドオンツールをつかって、フォルダーの並べ替えを選択して、手動による並べ替えを使用する、未読トレイを上への矢印ボタンで最上部に持ってきてフォルダーペインの更新をし、Thunderbirdを再起動すれば、設定した位置に未読トレイが常駐してくれます。

まとめ

これで、メールの確認漏れがないように新しく届いたメールは未読トレイに入るようになりました。読むと未読トレイには表示されなくなります。まだ読んでいないメールに気付きやすいし、未読トレイにメールが無い場合は、すべて既読済みと言う事で安心です。^^;

この検索フォルダーは非常に便利な機能で検索条件に一致した文書がこのフォルダーの中に入るのですから、他にも色々な使い方が出来そうですね。

最後まで読んんで頂きありがとうございました。

投稿者プロフィール

diy-hs
diy-hs
”なんでも自分でやってみる” をテーマに、ブログを書いてます。素人には無理と思う様な事も、実際にやってみるとあっさりと出来たりする事もあります。失敗もありますが、失敗する事で経験となり、次は少し上達したりします。それが楽しいです。そんなDIYの情報を発信して行けたらと思ってます。仕事はAIやクラウド関連を担当してます。そんな訳でプログラミングやシステム構築も趣味と実益を兼ねてDIYを楽しんでます。ギターはもともとクラシックギターを学び、インストルメンタル専門でしたが、高校生の頃にテレビでみた卒業の映画でPaul Simonの曲に憧れて、それ以降いろんなジャンルの弾き語りも楽しんでます。S&Gの曲なら楽譜なしで弾けます。^^; Twitterの方でも発信していますので、ぜひフォロー下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました