ScanSnap 紙送りできない 修理 | DIY

パソコン修理DIY

私はfujitsuのScanSnap iX500を使って自炊をしています。書類を本棚に保存しておく代わりにすべてデジタル化してパソコンに保存しています。主に毎年送られてくるような公的機関の通知や、納税書類関係、ふるさと納税の寄付証明書などです。また、読まないけど、いつか読み直したい本などもスキャンして残しています。このix500ですが、購入からすでに8年が経過してついに紙送りが出来なくなりました。でも、ローラーを交換する事で簡単に復活しましたので、購入先のお勧めと、やった事を紹介しておきます。紙送りできなくなって困っている方の参考になれば幸いです。

ScanSnap iX500

富士通が販売しているスキャナーです。プリンターのスキャナーと違って、数十枚の紙を一気に次から次へと読みこんでPDF化してくれます。文字認識もしてくれるので、後々の検索にとても便利です。今も税務署から届く通知や、確定申告の為の書類、住宅ローンの返済プラン表から、仕事で使ってるメモを新しくしたら古いものはスキャンして残すなど、今でもとても重宝しております。

さらに私はPDFにデジタル化されたファイルを管理する為に、Webアプリを作成してMySQLデータベースに登録するシステムも作成してます。検索に非常に便利(と言うか、すでに728文書保存してるので、データベースに登録して検索できないと、PDFのファイル名だけでは何が何やら分からなくなります。^^;)

ところで、iX500は、2019年3月31日をもって販売を終了しています。今最新の後継の機種は、以下のiX1600 となっています。現在以下の2色が販売されてます。

さてそのiX500ですが、遂に紙送りが出来なくなりました。仕様書をみると、消耗品として紙送りのローラーは1年毎か20万スキャン毎に交換するように書いてあります。チェックしてみると私はまだ2万2千957回しかスキャンしかしてません。

でも、すでに8年目です。(笑)

とりあえずローラーの清掃をしてみました

ローラーを綺麗に布でふいてみました。また、主要な部品回りは全部エアーダストブロアーで、吹き飛ばしてみましたが、紙送りはまったく改善しませんでした。

恐らくローラーの経年劣化なんでしょうね。8年間もローラーの交換してませんから・・・ しかも、仕事ノートは鉛筆で書いてあるので、それをスキャンしてるのでローラーにもかなり鉛筆の芯の汚れがローラーに付着してます・・・鉛なのでつるっつるで、黒っぽく芯の色がしみ込んでます。

交換した古いローラー 結構真っ黒な感じに劣化してます

新品のローラーを購入することに

いろいろと検索した結果、Amazonが一番安かったです。今チェックしたらさらに安くなってる~。わずか1日でも値段変動するのですね。。。 168円さらに安くなってました。ま、しゃ~ないか。。。後悔はしてません。

早速ローラー交換しました

こちらがその交換後の写真です。

綺麗なグレー色のメインのローラー

補助ローラーも綺麗なグレーのローラーに交換

交換方法はホームページにある通りで、超簡単です。購入した交換用ローラーにも説明書がついてます。

交換の説明書

交換して早速A4のプリントを数枚読み込ませてみましたが、見事に紙送りが復活しました!!消耗品を交換したのであたりまえでしょうか?もこれで紙送りの問題が解決しなかったら、とても困ってしまってたと思うので、とても良かったです。満足! 少々お値段はかかりましたが、新品のスキャナー買うよりは遙に安いので満足とします。

まとめ

消耗部品は、生産終了になるまえにさっさと購入しておきましょう。そして、仕様書どおりに小まめにメンテナンスする事が大切ですね。書類のデジタル化は、いざと言う時にすぐに探せ出せて参照でき、保存場所を取らないのでとても便利です。デジタルスキャナーは超おすすめです。紙送り部分のローラーは、かなりセンシティブは部品なので、純正パーツをお勧めします。 安い純正部品でないローラーを購入された方で問題が解決しなかったと言うネット記事があり、最初からこれにして良かったと感じてます。^^;

最後まで読んで頂きありがとうございました。

投稿者プロフィール

diy-hs
diy-hs
”なんでも自分でやってみる” をテーマに、ブログを書いてます。素人には無理と思う様な事も、実際にやってみるとあっさりと出来たりする事もあります。失敗もありますが、失敗する事で経験となり、次は少し上達したりします。それが楽しいです。そんなDIYの情報を発信して行けたらと思ってます。仕事はAIやクラウド関連を担当してます。そんな訳でプログラミングやシステム構築も趣味と実益を兼ねてDIYを楽しんでます。ギターはもともとクラシックギターを学び、インストルメンタル専門でしたが、高校生の頃にテレビでみた卒業の映画でPaul Simonの曲に憧れて、それ以降いろんなジャンルの弾き語りも楽しんでます。S&Gの曲なら楽譜なしで弾けます。^^; Twitterの方でも発信していますので、ぜひフォロー下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました