ふるさと納税とお勧め返礼品リスト

ふるさと納税

ふるさと納税、みなさんしておられますか?

おそらく多くの方がやっておられると思いますが、地方創生にもなり大変良い制度だと思います。

ふるさと納税とは

皆さんも制度は既にご存知の事と思いますが、簡単に説明するとポイントは以下の2点かと思います。

  • 自分のふるさとでなくても、ふるさと納税として自治体に寄附をする事で、自分の住んでいる自治体から課税される予定の来年度の住民税の控除を受ける事ができる。
  • 寄附をする事で、寄附をした自治体から特典として返礼品が貰える。

2,000円以上の寄附金を行った場合に、住民税の控除を受ける事ができます。本来支払う必要がある税金(住民税)の翌年の住民税について控除を受ける事ができます。結果として寄附をした額に応じて住民税が安くなります。実際には寄附をする事であらかじめ住民税を先に納めている感じです。どっちみち徴収される税金を寄附金として地方の自治体に送金するので、納税額の観点からは差し引き変わらず(2000円が余分な支出となりますが)、ふるさと納税を行わない場合より、たと2000円を多く払ったとしても、寄附をした自治体から返礼品がもらえる事でかなりお得となる制度です。

2000円を今迄の納税額よりも余分に支払う事になるのですが、返礼品の返礼率が3割だとすると、1万円を寄附したら3000円程度の返礼品を頂ける事になります。

しかも最近は簡単にふるさと納税の返礼品を検索して、寄附の出来るサイトが沢山あります。例えばこちらのさとふるの納税サイトも有名です。

以前、各自治体が寄附金を増やす為に、寄附金に対して高額な返礼品を設定し、自治体間での寄附金の争奪戦となり、総務省は返礼率が3割を超えた返礼品を行う自治体には制度を適用しないとしたニュースを覚えていらっしゃる方も多いかと思います。

2,000円を今迄よりも余分に払ったとしても、一回のふるさと納税の返礼品で十分にPayされてしまいます。大変お得です。私がいくら説明しても詳細までは伝えきれないので、これからふるさと納税を始めるかたは、ぜひ総務省のサイトを参照下さい。

寄附をして感謝されてお礼の品も貰える

自分が住んでいる自治体から徴収される住民税が、ふるさと納税をする事により、地方の役に立ち、かつ、寄附をした自治体から感謝の手紙をいただいて、さらに返礼品が頂けるならこんなに嬉しい事はありません。

私は横浜市民ですが、いままで納税した住民税に感謝の礼状をいただいた事は1度もありません。^^; しかも、勝手に住民税の決定通知が来て、毎月給与から差っ引かれてます。

さて、この制度ですが、菅義偉さんが総務相時代に主導して2008年からスタートしたもので、彼の功績の1つと言われてます。ただ、住民が納めるべき住民税が、他の地域に流れて税収が減る事による批判や、寄付に対して返礼品を可能にしたことを批判をする人もいます。でも私は返礼品が無ければここまで「ふるさと納税」が広がる事は無かったと思います。

菅氏曰く、「多くの方が大人になって都会に出て仕事をして収入を得ます。でも税金は自分たちを育ててくれた地域にではなく都会に支払い、ふるさとに貢献できない事に疑問を感じた」と言う事でふるさと納税制度を創設したと述べてます。私も確かにそうだなぁ~と感じました。その意味では「ふるさと納税」は故郷への貢献の機会を与えてくれたと思います。

さらに寄附に対して返礼品を認め、しかも自分のふるさと以外にも「ふるさと納税」を可能にした事で、この制度が多くの人に利用され、地方創生へ大きな貢献に繋がったと思います。

どうせ徴収される住民税なら、地方に寄附をして返礼品を頂ける方がよっぽど嬉しいのは、みんな同じだと思います。私も2019年頃から、この制度を利用させて頂いてます。

返礼品につられて寄附のし過ぎには要注意

ただ注意点もあります。自分の来年度の住民税額を正しく試算しないと、ふるさと納税としての寄附が認められる控除額を超えてしまう事があるので要注意です。(住民税の減額分を超えてしまい本当に高額な寄附になってしまいます)

また、収入の高い人ほど住民税が多いので、その分、ふるさと納税も沢山出来ると言う事から、格差を広げるとの批判もあります。でも、結果として地方に流れるお金で各地方自治体が潤うなら、地方創生され、国の税収が増えるなら良いのではないかと思います。

ふるさと納税寄附金額が上位10にランクされた自治体

ふるさと納税による地方自治体が受け取った寄附金の額が、地方自治体のホームページや、総務省のポータルサイトで公表されています。

以下に令和2年度のふるさと納税寄附金額上位10件を総務省のサイトから抽出してみました。単位が千円なので、一位の都城市の令和2年度は、135億円の寄附金額を受け取った事になります。10位の焼津市は52億円の寄附収入です。すごいですね。それだけ返礼品が魅力的なのだと思います。

団体名令和2年度
金額(千円)件数
宮崎県都城市13,525,480603,807
北海道紋別市13,392,711867,064
北海道根室市12,545,869723,336
北海道白糠町9,736,640658,624
宮崎県都農町8,268,490416,028
山梨県富士吉田市5,831,248232,917
山形県寒河江市5,675,843266,601
兵庫県洲本市5,398,232347,339
兵庫県加西市5,337,514128,444
静岡県焼津市5,218,275261,365
総務省のふるさと納税ポータルサイト(令和3年度ふるさと納税に関する現況調査について) より

都城市については、私も焼酎の返礼品やお肉の返礼品目当てに、何度かふるさと納税をした事があるので、やっぱり・・・って感想です。他にも自治体独自の特産品のあるところは、ふるさと納税による寄附が多く集まるようです。まさに、地場産業による地方創生となり良い事だと思います。

私の過去のふるさと納税先と頂いた返礼品

さて、以下は私の過去のふるさと納税先と頂いた返礼品の一覧です。また別なブログで、特典の返礼品についての感想を書いてみたいと思います。実は、この中に私のふるさとは無いですが、妻のふるさとにはしっかりと寄附をさせていただいております。^^; どれもふるさと納税が無ければ接点の無かった特産品です。

  1. 愛媛県 八幡浜市 (国安さんちの富士柿10kg)                            
  2. 岩手県 花巻市 (たっぷり牛タン塩味 1kg)
  3. 岐阜県 各務原市 (ジアマックス)
  4. 岐阜県 郡上市 (KATOMOKU ホワイトアッシュの無垢材の木枠電波時計)
  5. 宮崎県 西都市 (神楽酒造と正春酒造の人気焼酎飲み比べ 6本セット)
  6. 宮崎県 都城市 (都城焼酎づくし7種7本飲み比べセット)
  7. 熊本県 宇土市 (九州産こだわりのやきとり6種セット)
  8. 熊本県 天草市 (黒毛和牛 切り落とし 1kg)
  9. 熊本県 南小国町 (上赤身馬刺し650g)
  10. 高知県 宿毛市 (ハッピーフルーツ果樹園の土佐文旦5kg)
  11. 佐賀県 白石町 (白石産泥付きれんこん4kg)
  12. 佐賀県 武雄市 (さがびより 15kg)
  13. 山形県 上山市 (西洋梨(ラ・フランス)3kg)
  14. 山形県 天童市 (さくらんぼ(佐藤錦)フードパック1.2kg)
  15. 山梨県 南アルプス市(シャインマスカット1.2kg)
  16. 鹿児島県 いちき串木野市 (九州産焼鳥セット5種盛合わせ(計50本、約1.5kg))               
  17. 鹿児島県 大崎町 (鹿児島県産うなぎ長蒲焼2尾)
  18. 秋田県 鹿角市 (かづのりんご「サンふじ」優 10㎏)
  19. 千葉県 白井市 (遠山珈琲 コーヒー4種類セット)
  20. 長崎県 佐世保市 (黒豚ロールステーキ)
  21. 長崎県 南島原市 (島原手延べそうめん 3kg)
  22. 長崎県 時津町 (長崎びわ 約2キロ)
  23. 長野県 豊丘村 (もも あかつき【約5kg】)
  24. 長野県 中野市(サンふじ家庭用 10kg)
  25. 北海道 鹿部町 (『ふり塩うに』100g)
  26. 北海道 中札内村 (北海道産の豚スライス4kg盛り)
  27. 北海道 豊富町 (とよとみ牛乳ソフトクリーム)
  28. 福井県 敦賀市 (大型むきえび(高級ブラックタイガー)1kg/約50尾)
  29. 福岡県 新宮町 (無塩・素焼きの4種のミックスナッツ1,530g)

お酒や食べ物以外で一番良かったと思う返礼品は、 岐阜県 郡上市 の返礼品で、ホワイトアッシュの無垢材の木枠電波時計でした。ちょうど部屋に壁掛け時計を買おうと思っていたのですが、ふるさと納税でオシャレな電波時計が手に入るとは、思ってなかったので嬉しいです。

2020年のふるさと納税で頂いた返礼品で、今年もリピーターとして同じ自治体に寄附をしたりしているものもあります。こちらに関しては、別なブログで今年のふるさと納税先と返礼品ついての私の感想などを、近々紹介させて頂きます。どれも超お勧め返礼品です。乞うご期待。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

投稿者プロフィール

diy-hs
diy-hs
”なんでも自分でやってみる” をテーマに、ブログを書いてます。素人には無理と思う様な事も、実際にやってみるとあっさりと出来たりする事もあります。失敗もありますが、失敗する事で経験となり、次は少し上達したりします。それが楽しいです。そんなDIYの情報を発信して行けたらと思ってます。仕事はAIやクラウド関連を担当してます。そんな訳でプログラミングやシステム構築も趣味と実益を兼ねてDIYを楽しんでます。ギターはもともとクラシックギターを学び、インストルメンタル専門でしたが、高校生の頃にテレビでみた卒業の映画でPaul Simonの曲に憧れて、それ以降いろんなジャンルの弾き語りも楽しんでます。S&Gの曲なら楽譜なしで弾けます。^^; Twitterの方でも発信していますので、ぜひフォロー下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました