ツマショー 「妻、小学校になる」 第六話感想

ドラマ映画感想
「妻、小学生になる」ドラマ感想

「妻、小学生にな る」第6話の感想です。

今回は全10話中の第6話ですね。残りあと4回でしょうか? 次回の第7話では、「いよいよ最終章。再び訪れる妻との別れ」のような番組宣伝がTwitterにあり、マジ辛いです。(涙)

第7話の予告

いつも番組の終了時に少ししか予告映像が放送されませんが、Twitterで提供しているのですね。第7話で由紀さおりさん? 貴恵の母親役なんでしょうか? 万理華が倒れてしまうシーンがあるのは気になります。第7話はちょっとドキドキする回になりそうですね。

では今回も私の個人的な感想を書かせていただきます。

今回はかなりコメディータッチだったような・・・

  • ドラマ冒頭から、新島貴恵の生まれ変わりと理解した千嘉が、万理華に対して敬語になってるシーンには思わず笑ってしまいました。
  • 圭介の、「お義母さん、お義母さん・・」が、コミカルに描かれてました。
    千嘉:「あのぉっ!!、すいません、といあえず その お義母さんって言うのやめてもらえます」
    圭介:「え? すいません、お義母さん」
    あの吉田羊に「お義母さん」って言えるのは、羨ましい限りです。(笑) 
  • 守屋さんに告白されて狼狽えてしまう圭介シーン面白かったですね。そこに一部始終を目撃していた万理華(貴恵)がいるっていうのも、定番のシーンって気もしますが、堤真一の表情が絶妙で、演技が面白かったです。第6話のタイトルが、「夫の次の恋」だったのは このシーンからなんですかね?
  • 寺カフェマスターの、ホットケーキと言わずに「ホットケー」も、毎回ユーモアーがあり癒されます。
  • 他に、BBQのシーンで友利が千嘉に、唐突な以下の会話もなぜか笑ってしまった。とてもぎこちない雰囲気のなかで出る会話って面白いですよね。
    友利:あの、元ヤンなんですか?
    千嘉:「は?」
    友利:あ・・・ すいません

今回も感動のシーンいろいろありました

以下、私が感じたええなぁ~シーンです。

  • 守屋さんのミスで無くなりかけた企画の継続を上層部に懇願する圭介。そしてそのことを微塵も守屋さん本人には伝えない。(こういう人好きです)
  • そして部長から企画が続行になり圭介が掛け合ってくれた事実を聞かされた時の森田望智(守屋)の表情が良かったですね。
  • 守屋さんのお姉さんへ給食のプリンを届けてあげる回想のシーン(寺カフェのマスターの「ご馳走様っていったるわよ、プリンありがとう、ご馳走様って」)との伏線があっただけに、あぁ~そうだったんだ~って感動ですね。寺カフェでは砂糖の蓋の反射にカメラがズームしてましたが、今回は何も映ってなかったですね。いつもはマスターが言う人物とか動物が反射していましたが、今回は何も映りこんでいないようだったですが、どんな意味があるんだろう?逆に気になりますね。
  • 千嘉が万理華がいなくなったのは、私があんなこと言ったから。「消えてくんないかな」のシーンは、前回も書きましたが、この言葉で万理華の魂が体を離れて貴恵が入ったように思います。今回のラストで万理華の亡霊のようなものが現れましたが、この「消えてくんないかな」の言われたときのパジャマ姿で寺カフェにあらわれてました。
  • 千嘉を追いかけて、そっと手をつないであげる万理華(貴恵)の心優しいシーンに、優河の歌が絡んできてジーンときました。

中学生の天才小説家の出雲凛音

友利と一緒にいて倒れてから、病院で回復した時には友利の事をすっかり知らないと言うのは、中に入っていた人が抜けてしまったって事ですよね。その後の出雲凛音ちゃんのストーリーが無いので不完全燃焼なところもありますが、また、後日の展開はあるのでしょうか。。。それにしても、友利ってまだ万理華が貴恵の生まれかわりって信じ切れていないのでしょうか。

毎回書いてますが、小学校シーン、未だにラストのトレーラータイトルで撮影協力として小学校の名前が出てこないのが不思議です。なんか出せない理由でもあるのでしょうかね。あまりロケ場所として有名になっては困ると言う配慮からなんでしょうか?

次回も楽しみですが、そろそろ覚悟しておかねばですかね。(涙)

以上です。

次回は、第7話を観たらまた感想をアップします。^_^

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

見逃した方はFire TV StickでTVerでみるとテレビで再放送をみるような感じでお勧めです。^^;

投稿者プロフィール

diy-hs
diy-hs
”なんでも自分でやってみる” をテーマに、ブログを書いてます。素人には無理と思う様な事も、実際にやってみるとあっさりと出来たりする事もあります。失敗もありますが、失敗する事で経験となり、次は少し上達したりします。それが楽しいです。そんなDIYの情報を発信して行けたらと思ってます。仕事はAIやクラウド関連を担当してます。そんな訳でプログラミングやシステム構築も趣味と実益を兼ねてDIYを楽しんでます。ギターはもともとクラシックギターを学び、インストルメンタル専門でしたが、高校生の頃にテレビでみた卒業の映画でPaul Simonの曲に憧れて、それ以降いろんなジャンルの弾き語りも楽しんでます。S&Gの曲なら楽譜なしで弾けます。^^; Twitterの方でも発信していますので、ぜひフォロー下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました