トップガン・マーベリック 感想

ドラマ映画感想
お勧めの映画やドラマ

今更ですが、トップガン・マーベリックをAmazon Primeビデオでレンタルして鑑賞しました。世間で話題になっている時、行こう行こうと考えているうちにいつの間にか忘れてしまってついに映画館で観るチャンスを失ってしまいました。

今でも映画館で上映されているところもあるそうですが、吹き替え版しか上映してなかったりと言う事なので、アマゾンプライムでレンタルしてお正月の元旦に家で家族で鑑賞しました。

レンタル料金はなんと! 399円なので、4人で映画館で観たとすると、凄いお得ですね。^^;

まぁ、映画館で観ればそれなりに迫力もあってTVで観るよりは違った味わいがあると思うのですが、Amazon Primeで視聴できたので、良かったです。

あらすじ

この物語は、前作の米海軍エリート・パイロットチーム“トップガン”のパイロット(コールサインがマーベリック)のトム・クルーズが演ずるピート・ミッチェル海軍大佐が、非常に難易度の高いミッション遂行の為にトップガンのパイロットの養成を命ぜられ、過去の相棒のグースの息子ルースターとのしがらみを織り交ぜながら、戦闘機の空中戦や操縦のテクニック、ミッションの為の戦略を教えていきます。何と言っても醍醐味は戦闘機による空中戦の映像や、迫力です。映画館でみたら凄かったかもですね。

最後は、マーベリックも実際に敵地攻撃のミッションに編隊長として参加する事になるのですが、結構楽しめました。

やはりアメリカ映画ってユーモアがあって面白い

ここはどこ? –> 地球

物語の前半で、超音速機のテストをしていたマーベリックが、予算打ち切りの危機にあるプロジェクトのテスト飛行で、マッハ10を出すシーンがあります。さらに、彼はその記録を伸ばそうとして結果的には機体を破壊してしまうのですが、奇跡的にも脱出して助かったマーベリックが、パラシュートで降り立った場所すら知らない片田舎のカフェに、宇宙服さながらのテスト・パイロットの出立ちで入ってきて、食事中の客たちから大注目を浴びます。そして、客たちが言葉を失って注視するなか、彼はコップ一杯の水を飲みほしてから、「ここはどこ?(Where am I? )」と訊くシーンがあります。

驚いた顔で注視していた子供が、「地球 (Earth)」って答えます。宇宙からやってきた人と思ったのでしょう。

こんなシーンが大好きです。!!

考えるな 行動しろ

他にも、ルースターを助けて撃墜されたマーベリックが引き返してきて助けてくれたルースターに助けられます。そして、そのルースターも撃墜されるのですが、ルースターの元に駆け寄り、折角助けてやったのに、

マーベリック:「何を考えている!(What the hell were you even thinking?)」

ルースター:「考えるなと言ったろ?(You told me not to think.)」

みたいなやりとり会話もウィットがあって面白いです。この会話の前に2度ほど、訓練中と実戦中それぞれにマーベリックがルースターに「考えるな、行動しろ」と言う前振りがあったのです。ここに繋がるのか~ですね。

さすがにこれは無いやろ~

撃墜されたマーベリックとルースターですが、敵基地にある旧式戦闘機のF-14を使って敵地から脱出します。さすがにこれはないやろ~と思いますが、映画としてはあり得るのです。(笑) 

でも、とてもスリルあって面白かったです。

All right I won’t tell you that.

無事に空母に帰還することになったF-14ですが、空母着艦直前で戦闘中にダメージを受けたエンジンが停止してしまいます。それを察知した後部座席のルースターが、

「Please don’t tell me we lost engine.」(エンジン失ったって言わないでよ)とマーベリックに言うのですが、それに答えてのマーベリックのセリフがこれです。

マーベリック:「All right I won’t tell you that. 」(じゃ~言わない)

ルースター:「Okey」 

まぁ、こんな時にこの余裕しゃくしゃくの会話ですね。面白いです。ベタなアメリカン映画にありありな会話ですね。でも、娯楽映画として私はそれが大好きです。かなり危機的な状況にあっても、ジョークを飛ばすという、ブルース・ウィルスの映画でも良くありがちなセリフです。

余談(エイリアン2でのセリフ)

この映画ではないですが、私の好きな「エイリアン2」でも、以下のようなシーンがあります。エイリアンの調査に来た調査隊がエイリアンに遭遇して襲われてしまい、エイリアンの居る惑星から脱出して母船の宇宙船に戻る為の手段が絶たれます。救助隊が到着するまで、17日間と知ったハドソン(兵士の一人)が、「17日どころが17時間ももたいないぜ」と絶望して騒ぎだします。すると、リプリー(シガニー・ウィーバー)が、その惑星で一人生き延びていたニュート(小さな女の子)に目線をやりながら、

“This little girl survived longer than that with no weapons and no training.” (この子は武器も訓練もなく、それより(17日間)も長い間生き延びたのよ!)

と、言います。それに対してのハドソン(兵士)がこう答えます。

“Why don’t you put her in charge?” (じゃ〜、彼女を指揮官にすればいい!)

このような返しが大好きです。アメリカ映画ならでは!でしょうか? あまり日本の映画ではない表現と言うか、英語文化の発想なんでしょうか? とにかく、印象に残るセリフでした。

アマゾンプライムをTVで鑑賞するのにはFireTV Stickが便利

以前にも紹介しましたが、私はAmazon PrimeはFireTV Stickを使って見ています。これは滅茶苦茶便利なんです。もちろんPCでAmazon Primeを観るのも良いですが、家族で観るには画面が小さ過ぎます。そこで便利なのがFireTV Stickです。

Fire TV Stick

Amazon Prime Videoについて

Amazonプライム会員は、年会費が5千円程度必要ですが、Amazon発送商品の送料が無料になったり、見放題の映画やドラマも多くて、Amazon Photoで写真も無制限に保存できます。これはとても便利なので長年利用しています。

また、Amazon Fire TV Stick を使用すると、自宅のテレビで簡単にAmazon Prime Videoが見れたり、TVerやYouTubeを快適に視聴することができるので超お薦めです。私のFire TV Stickの使用した感想は以下のブログで書いてます。

英語の勉強にも使える

映画館だと字幕を必死で追いながら映画を観ると思いますが、Amazon Primeだと、字幕や音声が選べます。つまり、英語で聴きながら、英語の字幕を見る事ができます。何をしゃべっているか聞き取れなくても、英語字幕で何を発音したか分かります。英語音声と英語字幕はほぼ同じです。

面白い事に日本語音声は、日本語字幕とは結構違ったりしていてこれも面白いです。私は英語学習ができるので、英語字幕と英語音声で何度も聞いたりして楽しんでます。これも映画館でみたら出来ないことですよね。Amazon Prime ビデオ 399円で十分楽しめました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿者プロフィール

diy-hs
diy-hs
”なんでも自分でやってみる” をテーマに、ブログを書いてます。素人には無理と思う様な事も、実際にやってみるとあっさりと出来たりする事もあります。失敗もありますが、失敗する事で経験となり、次は少し上達したりします。それが楽しいです。そんなDIYの情報を発信して行けたらと思ってます。仕事はAIやクラウド関連を担当してます。そんな訳でプログラミングやシステム構築も趣味と実益を兼ねてDIYを楽しんでます。ギターはもともとクラシックギターを学び、インストルメンタル専門でしたが、高校生の頃にテレビでみた卒業の映画でPaul Simonの曲に憧れて、それ以降いろんなジャンルの弾き語りも楽しんでます。S&Gの曲なら楽譜なしで弾けます。^^; Twitterの方でも発信していますので、ぜひフォロー下さい。
(Amazonのアソシエイトとして、当サイト(diy-hs.com)は適格販売により収入を得ています。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました